(出典:http://blog.livedoor.jp/buschiba/)

野球のルールでは、ランナーは1塁から順に、2塁、3塁と走ります。

 

そして、各ベースについたランナーが、その塁を通り越してしまって、相手の守備の選手にボールタッチをされると、アウトになります。

 

しかし、ピッチャーのボールを打ったバッターランナーのみ、1塁ベースを通り越すことが認められています。

 

それは、なぜなのか?

 

少し気になるところだと思いますので、

 

今回は「1塁のオーバーラン」についてのルールついて、解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

1塁のオーバーランとは?

 

野球のテレビ中継で、バッターランナーが、内野ゴロなどで、1塁ベースを通り越すのを違和感なく見ていると思いますが、

 

実は、あるルールがあるので、バッターランナーのみ1塁ベースを通り越すことが認められています。

 

その野球規則のルールでは、

 

「本塁から1塁に進塁する際は、直ちに帰塁することを条件に、滑り込みの余勢のために塁をはなれることは許されている」と定義されています。

 

少しわかりずらいので、少し補足させていただきます。

 

この「滑り込みの余勢」とは、

 

バッターランナーが、勢い余って1塁ベースを離れてしまうことをいいます。

 

もう一度かみ砕いて説明しますと、

 

「バッターランナーは、勢い余って1塁ベースを越えてしまわないように、1塁に向かって走る際は、1塁を離れることが許されているということです。

 

ただし、その条件としては、1塁ベースを通り越しても、すぐに1塁に戻ってください」ということです。

 

ちなみに、この「オーバーラン」は、別名「オーバースライディング」と言います。

 

このオーバースライディングは、おそらく、「滑り込みの余勢」というところからでしょう。

 

ざっくりと言えば、この理解で十分です。

 

続いて、もう少し具体的な解説をしていきたいと思います。

 

「直ちに帰塁」とは?

(出典:http://mainichi.jp/)

先ほどの野球規則の中で、

 

「本塁から1塁に進塁する際は、直ちに帰塁することを条件に...」

 

とありましたが、その解説ですが、

 

もし、すぐに帰塁しなければ、どうなるのか?

 

結論を言えば、アウトになります。

 

私は、今までそのようなアウトになるプレイを見たことがありませんが、

 

野球規則では「故意にプレイを遅延させて、速やかに1塁ベースに戻らなければ、アウトになる」ということです。

 

ですので、1塁を駆け抜けることは、バッターランナーに特別に与えられている権利なので、

 

もしプレイを遅延させてしまうことになれば、アウトになる恐れがありますから、速やかに1塁に帰塁してくださいね。

 

ちなみに、このルールは、野球をしている選手であっても知らないルールではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

「2塁へ進む行動」をしたら?

 

続いては、

 

バッターランナーが1塁ベースを駆け抜けた際に、内野手が暴投をして、1塁手の後ろにボールが転がっていた時に、2塁に向かおうとしたケースです。

 

このケースでは、バッターランナーは、1塁ベースを駆け抜けた後、2塁に向かおうとしたら、その時点で、オーバーランの権利を放棄したとみなされるので、

 

バッターランナーは、2塁に向かうのか、それとも、2塁に進塁するのをあきらめて、即座に1塁に戻らなければなりません。

 

2塁に向かうケースは問題ないと思いますが、

 

もし、即座に1塁に戻らなければ、2塁に向かおうという行為をした時点で、オーバーラン権利を放棄したとみなされるので、バッターランナーは1塁に戻る前に、相手の守備の選手に、ボールタッチされれば、アウトになります。

 

ですので、2塁に向かおうとした時点では、注意が必要になってきます。

 

 

野球の基本的なルールについては、こちらの記事がオススメです。

 

野球のルールを知らない初心者に!簡単でわかりやすい説明とは? 

 

まとめ!

 

このように、1塁へのオーバーランについて、少し理解が深まったのではないでしょうか。

 

1塁のオーバーランは、野球規則によって、

 

「本塁から1塁に進塁する際は、すぐに帰塁することを条件に、滑り込みの余勢のために塁をはなれることは許されている」と定義されています。

 

また、気をつけなければならないのが、条件の「すぐに帰塁すること」です。

 

あくまでも、オーバーランは、

 

バッターランナーにだけ特別に与えられている権利ですので、この「すぐに帰塁すること」には、気をつけましょう。

 

今回は「野球のルールの1塁のオーバーラン」について、お伝えしてきました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク