7d0bbb55ec0f19c6587224d0da3711a6

(出典:http://al-sportings.com)

野球のバッティングにおいて、肩が開くことで、自分が思っているような打撃ができない人もいるのではないでしょうか。

 

私も、現役の時に、肩が開いていた時期がありまして、なかなか思うような打撃ができずに悩んでいました。

 

バッティングにおいては、肩が開くことで、自分の力をうまくバットに伝えられないようになるため、早いうちに直す必要があります。

 

そこで、今回はバッティングを上達するために、肩の開きを抑える練習メニューをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

肩が開くこととは?

 

76993d5c8c0524c2f4c62011eb052ebf

(出典:http://芸能情報ゆうタロウ.jp)

まず開いている状態とは、どのような状態をいうのかですが、

 

右バッターを想定しますと、

 

ボールを打つ際に、左肩、左膝がピッチャー方向を向いている状態を開いている状態と言います。

 

そして、その開いていることによって、どのような悪影響が出るのかですが、

 

開くことにより、力が外に逃げてしまうために、バットに力が全く伝わりません。

 

いわゆる、「手打ち」と呼ばれる状態です。

 

手打ちと聞くと、よりわかり易くなったのではないでしょうか。

 

ですから、絶対にその肩の開きを直さなければなりません。

 

例えば、スライダーなど肩口からくる変化球を打つ際に、肩が開いてしまって、平凡な内野ゴロになってしまうケースがあります。

 

そのようなことから、せっかく練習して身につけた打撃フォームが、その肩の開きによって、全て台無しになってしまうので、もったいないと思います。

 

ですから、できるだけ早く、肩の開きを直しましょう。

 

その肩の開きですが、ちょっと直すのが難しいと思われるかもしれませんが、

 

ある練習をすれば、肩の開きを直すことができますので、心配はいりません。

 

それでは、肩の開きを抑える練習メニューを説明したいと思います。

スポンサーリンク

肩の開きを抑える練習メニューとは?

 

肩の開きの原因とされるのは、

 

①気持ちが打ち急いでしまった時。

②飛距離を出そうとして、大きなスイングをしてしまった時。

 

このようなときに、肩が開いてしまいます。

 

そこで、その肩の開きを抑えるには、

 

ティーバッティングをすることで肩の開きを抑えることができます。

 

具体的に説明しますと、(ここでも、右バッターを想定して説明します。)

 

普通のティーバッティングなら、右手の方からボールを投げてもらい、打つということになります。

 

しかし、この練習方法では、左の方からボールを投げてもらい、打つようにします。

 

そうすることで、左肩の開きを抑えることができます。

 

ここで、気をつけていただきたいのが、

 

できるだけ、ティーネットの真ん中より右側を狙うようにして下さい。

 

肩が開きぎみの人がそのような練習をすると、おそらくティーネットの真ん中にはボールを打てないと思います。

 

私の経験から言えば、打った打球が、ティーネットの左側にボールが飛んだりするでしょう。

 

しかし、練習を積み重ねていけば、ティーネットの真ん中付近にボールが打てるようになってきます。

 

ここでのもう一つポイントは、

 

しっかりとボールをひきつけて、打つことです。

 

そして、練習をしていけば、最終的には、左肩の開きが抑えることができるでしょう。

 

少し特殊な練習メニューかもしれませんが、間違いなく肩の開きを抑えることができます。

 

その肩の開きを抑えることができれば、力強い打球が打てるようになりますので、打撃技術のレベルが格段に上がるでしょう。

 

まとめ!

 

このように、肩の開きを抑えることによって、力強い打球が打てるようになります。

 

もう一度おさらいしますと、

 

肩の開き抑えることができる練習メニューは、

 

ティーバッティングをすることです。(右バッターを想定して説明します。)

 

そして、普通のティーバッティングの練習と違って、左の方からボールを投げてもらい、打つようにします。

 

そうすることで、左肩の開きを抑えることができます。

 

ここで、気をつけていただきたいのが、できるだけ、ティーネットの真ん中より右側を狙うようにするということです。

 

このようにして練習すれば、肩の開きを抑えることができるでしょう。

 

肩が開いている人は、できるだけ早い目に直すことをおすすめします。

 

今回は、バッティングの上達方法として、肩の開きを抑える練習メニューをお伝えしてきました。

 

少しでも打撃技術が上がれば、うれしく思います。

スポンサーリンク