sty1605220007-f1

(出典:http://matome.naver.jp/)

野球のバッティングにおいて、ストレートは得意だけれども、カーブ、スライダー、フォークなどの変化球が苦手という人が多いのではないでしょうか。

 

今までの経験から言えば、圧倒的にストレートを得意にされている人が多いような気がします。

 

ストレートは、ピッチャーの投球モーションに合わせて、タイミングを取りやすいということで、得意にされている人が多い理由かもしれません。

 

そこで、今回は、変化球を打つのを苦手にされている人が、苦手を克服できるような変化球の打ち方をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

変化球の打ち方とは?

 

変化球を打つ際は、どのような形で、ピッチャーの投球を待っているのでしょうか。

 

また、インパクトは、どのような位置で打つように心がけているのでしょうか。

 

変化球を打つ際の基本的なポイントは、

 

①変化する前に打つ

②変化し終わった後に打つ

 

大きくは、この2つ挙げられると思います。

 

このように、2つに分かれますが、どのポイントで打つのかは、あらかじめ決めておかなければなりません。

 

それでは、順に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

①変化する前に打つ

 

変化球を打つ際ですが、変化する前に打つ場合は、

 

できるだけバッターボックスの前に立ちます。

 

そして、ピッチャーが投げたボールが変化する前に、ボールを打ちます。

 

この変化する前に打つ方法は、変化球よりもストレートを打つのが得意な人が向いていると思います。

 

②変化し終わった後に打つ

 

変化球を打つ際ですが、変化した後に打つ場合は、

 

①とは逆で、できるだけバッターボックスの後ろに立ちます。

 

そして、ピッチャーが投げたボールが変した後に、ボールを打ちます。

 

この変化した後に打つ方法は、ボールの軌道を点ではなく、線で追うことができる人が向いていると思います。

 

このように、変化球を打つ際は、大きく分けて、

 

変化する前と、変化した後のどちらで打つのかをあらかじめ決めておかなければなりません。

 

また、変化球の応用的な打ち方ですが、

 

どうしても、追い込まれた後などは、ストレートを待ちつつ、変化球を打たなければならないケースがあると思います。

 

そういう時には、どう対応すればよいのか?

 

仮に右バッターを想定してみますと、ストレートのタイミングで、バックステップを取り、左足を踏み出しますが、

 

軸足である右足に体重を残しておき、変化球を自分のポイントまでしっかりとひきつけて打ちます。

 

この際に気をつけなければいけないのが、

 

バックステップを取った後、本来なら、右足に体重を残しておかなければならないところですが、

 

左足に体重を乗せてしまって、突っ込んだ状態になる人が多いので、注意してください。

 

ですから、しっかりと右足に体重を残した状態で、変化球を自分のポイントまで呼び込むことができれば、変化球に対応できるでしょう。

 

例えば、

 

ソフトバンクホークスの内川聖一選手は、教科書通り、物凄くうまく変化球に対応します。

 

しかも、2ストライクと追い込まれてからの内川選手は、特に技ありの上手いバッティングをします。

 

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=xK5rWJiiWHE)

 

先ほどの、前の足(左足)の方に突っ込んだ状態になるのをできるだけ防ぐことができる練習方法があるので、紹介したいと思います。

 

変化球を打つ練習方法とは?

 

変化球を打つ練習方法とは、

 

フリーバッティングの際に、バッティングピッチャーに緩い山なりのボール投げてもらいます。

 

そして、そのボールに対して、右バッターなら、右足に体重を残しておき、しっかりと自分のポイントまでひきつけて打ちます。

 

こういう練習方法で、変化球に対しても、しっかりとしたタメを作ることができ、変化球に対応できるようになります。

 

まとめ!

 

このように、変化球の打ち方をお伝えしてきました。

 

実際のところ、カーブやスライダー、フォークなどの打ち方は、基本的には全て同じです。

 

ですので、軸足に体重の残しながら、しっかりとタメができるようにすることが、変化球の克服には重要でしょう。

 

そのためには、フリーバッティングで、緩い山なりのボール投げてもらい、しっかりと自分のポイントまでひきつけて打つ練習を繰り返しましょう。

 

そうすれば、必ず変化球が打てるようになります。

 

今回は、変化球の打ち方について、お伝えしてきました。

 

少しでも打撃上達の支えになれば、うれしいです。

スポンサーリンク