(出典:https://matome.naver.jp/)

野球では、高めのボールは、ホームランや長打にしやすいと言われています。

 

しかし、私の経験上、高めのボールを打つのを苦手にされている選手が多いです。

 

なぜ、高めの球を打つことができないのか?

 

それは、打てるコツをつかんでいないからです。

 

そこで、今回は「バッティングでの高めの球の打ち方やコツ」について、お伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

高めのボールの特徴とは?

 

高めのボールの特徴は、

 

ピッチャーが投げる際、ピッチャーの指先が、ボールの縫い目にしっかりとかかっているので、力のあるスピードボールが多いです。

 

ですので、ピッチャーは、2ストライクに追い込めば、高めの力のあるスピードボールで、バッターの打ち気を誘ってくるのです。

 

そして、場合によっては、バッターは、その力強いボールに力負けをして、空振りをしたり、ドン詰まりをしたりしてしまいます。

 

しかし、それは、高めの打つコツや打ち方を知らないから、打てないのです。

 

ただ、打つコツさえわかれば、誰でも打てるようになります。

 

しかも、その高めを打てるようになれば、出合い頭で、ホームランが打てることもあるでしょう。

 

ですので、高めのボールを打つコツを身につけて、得意なボールにしてしまいましょう。

 

高めの打ち方とは?

(出典:https://twitter.com/)

それでは、高めの打つコツについて、お伝えしていきたいと思います。

 

高めのボールの打ち方は、

 

バットのヘッドを立てて、打つことです。

 

高めを苦手にされている選手のほとんどは、バットのヘッドが下がっています。

 

ですので、バットがボールに当たったとしても、バットのヘッドが下がっているため、内野へのポップフライになるケースが多いです。

 

これを聞いて、高めのボールを苦手にされている選手は、「うん、うん」と思われたはずです。

 

ただ、高めのボールを打つのを苦手にされている選手で多いのが、低めのボールを打つのを得意とされていることが多いですね。

 

話は、少し逸れてしまいましたが、

 

高めを打つためには、

 

バットのヘッドをしっかりと立ててください。

 

そこで、具体的にどうすれば、バットのヘッドを立てて、スイングができるようになるのかですが、

 

その打つ時のコツとしては、

 

バッティングの構えの位置から、バックスイングをして、トップの位置からスイングに入った状態で、バットのヘッドを立っていないといけないので、

 

構えの状態で、できるだけ高い位置で、バットを構えることをオススメします。

 

そして、バックスイングをして、トップの状態から、実際にスイングをする時に、構えていた時のバットの位置を下げないように注意してください。

 

もし、スイングをするときに、バットのグリップの位置が下がってしまえば、結局のところ、バットのヘッドは下がった状態で出てくるため、高めをなかなか打つことは難しいでしょう。

 

ですので、バットのヘッドが下がらないようにするためには、

 

構えた時のバットのグリップの位置を下げないようにすることで、高めを打つことができるでしょう。

 

実際に高めを得意にされている選手は、トップの位置から、スイングをしにいくときに、バットは上から出ているように見えます。

 

ですので、あらかじめバットを高く構えるようにすれば、高めが打てるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ!

 

このように、バッティングの高めの打ち方について、少しずつ分かってきたのでないでしょうか。

 

高めのボールの打ち方とは、

 

バットのヘッドを立てて、打つことです。

 

打つコツとしては、

 

構えの段階から、バットのグリップの位置をあらかじめ高めで構えることです。

 

高く構えて、その位置を下げずに打てば、ヘッドが下がることはないでしょう。

 

高めを苦手にされている選手が多いですが、高めのボールを打てるようになれば、長打も増えてきます。

 

ですので、高めのボールを、逆に得意なボールにしてほしいです。

 

今回は「バッティングでの高めのボールの打ち方やコツ」について、お伝えしてきました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク