2017年の高校野球も能力の高い逸材の選手が揃い、年々高校野球のレベルが高くなってきているように思います。

 

高校生で体格に多い選手が増えてきているのも一因でしょう。

 

そこで、今回は、私の独自の見解で「高校野球の日本代表候補のベストナインのメンバー」を選びたいと思います。

スポンサーリンク

私が選ぶベストナインとは?

 

先ほどもお伝えしたように、今の高校野球のレベル上がってきているように、能力の高い選手が全国各地に、たくさんいます。

 

その中から、ベストナインを選ぶのはものすごく難しいですが、私の今までの経験を駆使して、最強の9人を選びたいと思います。

 

 

ピッチャー 三浦 銀二投手 福岡大大濠高校 3年生 175センチ70キロ

キャッチャー 猪田 和希選手 神戸国際大付高校 3年生 181センチ78キロ

ファースト 清宮 幸太郎選手 早稲田実業高校 3年生 184センチ97キロ

セカンド 矢吹 栄希選手 聖光学院高校 2年生  180センチ71キロ

サード 安田 尚憲選手 履正社高校 3年生 188センチ92キロ

ショート 根尾 昴選手 大阪桐蔭高校 2年生 177センチ75キロ

レフト 福元 悠真選手 智弁学園高校 3年生 178センチ75キロ

センター 藤原 恭大選手 大阪桐蔭高校 2年生 180センチ76キロ

ライト 増田 珠選手 横浜高校 3年生 180センチ81キロ

 

この9人が走攻守の全てを評価した上、選んでみました。

 

清宮幸太郎選手など、2017年の夏の甲子園に出場していない選手もいると思いますが、このような9人がベストナインにふさわしいのではないでしょうか。

 

それでは、順に解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ピッチャー 三浦 銀二投手 福岡大大濠高校 3年生 175センチ70キロ

 

たくさん良いピッチャーがいるの中でも、ずば抜けた安定感があるのが、三浦銀二投手です。

 

まず、コントロールミスが少ないのが、魅力です。

 

また、マウンド度胸が良く、どんな場面であっても、冷静な強いハートも兼ね備えています。

 

さらに、ストレートの切れが良く、最速146キロストレートに、変化球は、スライダーを武器としています。

 

このように、三浦銀二投手が、間違いなく、2017年のナンバーピッチャーといっても、過言ではないでしょう。

 

キャッチャー 猪田 和希選手 神戸国際大付高校 3年生 181センチ78キロ

 

キャッチャーは、他にも良い選手がいましたが、猪田選手の打撃面の良さから、選びました。

 

猪田選手は、長打力もありますが、ここ一番の勝負強さがあり、チャンスで猪田選手を迎えると必ず、点数を取られそうな雰囲気があります。

 

そのような勝負強い打撃が、決めてとなりました。

 

体格はキャッチャーとしては、あまり上背のあるほうではありませんが、もう少し筋力トレーニングをして、体重を増やせば、さらに長打力も出てくると思います。

 

ファースト 清宮 幸太郎選手 早稲田実業高校 3年生 184センチ97キロ

 

ファーストのポジションであれば、清宮幸太郎選手しかいないでしょう。

 

3年生の春の選抜大会のときよりも、大幅に技術的な部分で成長したように思います。

 

それは、春の選抜大会以前は、強い打球は、ほとんどがライト方向への打球でしたが、今では、センターからレフト方向にも強い打球を飛ばすことができるようになったため、さらに打撃に磨きがかかりました。

 

ですので、ファーストのポジションでは、清宮選手で間違いないでしょう。

 

セカンド 矢吹 栄希選手 聖光学院高校 2年生  180センチ71キロ

 

矢吹選手は、守備も良いですが、何と言ってもミートが良い、巧打が大きな特徴です。

 

また一冬を越えて、スイングスピードが速くなり、鋭い打球も打てるようになりました。

 

走攻守の3つともが、かなりレベルが高く将来的にも楽しみな選手です。

 

サード 安田 尚憲選手 履正社高校 3年生 188センチ92キロ

 

東の清宮、西の安田と呼ばれているくらい、高校を代表するスラッガーです。

 

清宮選手も素晴らしい選手ですが、その清宮選手にも引けを取らないくらいの潜在能力の高い選手です。

 

体格も相当良いので、将来的には、日本を代表するような選手になるかもしれません。

 

ショート 根尾 昴選手 大阪桐蔭高校 2年生 177センチ75キロ

 

ショートのポジションは、良い選手がたくさんいましたが、やはり少し頭一つリードしているのが、根尾昴選手でしょう。

 

投げて良し、打って良しの、センスのあふれるような選手です。

 

ピッチャーとしても登板することもありますが、将来的に考えれば、野手として大成しそうな感じがします。

 

今後の成長にも目が離せません。

 

レフト 福元 悠真選手 智弁学園高校 3年生 178センチ75キロ

 

守備も良いですが、思い切りの良い打撃が魅力的な選手です。

 

智弁学園高校では、一時期は4番を打っていましたが、最終的には、1番バッターとして、1発も打てる驚異の1番バッターとして活躍しました。

 

他の外野手も良い選手が多いですが、レフトは福元選手を選びました。

 

センター 藤原 恭大選手 大阪桐蔭高校 2年生 180センチ76キロ

 

センターは、大阪桐蔭高校の藤原恭大選手で決まりでしょう。

 

走攻守のどれをとっても高校生のトップクラスの選手です。

 

しかも、チャンスに強く、長打巧打を兼ね備える、2017年の高校生の最強のトップバッターと言えるでしょう。

 

ライト 増田 珠選手 横浜高校 3年生 180センチ81キロ

 

増田選手は、走攻守3拍子の揃った選手ですが、その中でも魅力的なのが、柔らかさのある打撃でしょう。

 

また、状況に応じたバッティングができるのも魅力でしょう。

 

バランスの取れたセンスのある選手なので、今後の成長も楽しみです。

 

まとめ!

 

このように、私独自の視点から「高校野球の日本代表候補のベストナインのメンバー」を選んでみました。

 

もう一度、2017年の日本代表のベストナインを挙げてみますと、

 

ピッチャー 三浦 銀二投手 福岡大大濠高校 3年生 175センチ70キロ

キャッチャー 猪田 和希選手 神戸国際大付高校 3年生 181センチ78キロ

ファースト 清宮 幸太郎選手 早稲田実業高校 3年生 184センチ97キロ

セカンド 矢吹 栄希選手 聖光学院高校 2年生  180センチ71キロ

サード 安田 尚憲選手 履正社高校 3年生 188センチ92キロ

ショート 根尾 昴選手 大阪桐蔭高校 2年生 177センチ75キロ

レフト 福元 悠真選手 智弁学園高校 3年生 178センチ75キロ

センター 藤原 恭大選手 大阪桐蔭高校 2年生 180センチ76キロ

ライト 増田 珠選手 横浜高校 3年生 180センチ81キロ

 

このような9人となります。

 

バッターとしては、清宮選手、安田選手が目立っていますが、他にも藤原選手や根尾選手など素晴らしい選手が揃いました。

 

3年生だけでなく、2年生を3人も選んでいるように、来年2018年が楽しみな選手です。

 

2017年はどちらかと言えば、ピッチャーよりもバッターの方が目立っていたのではないかと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク