2017年の春の選抜高校野球大会まで、いよいよ少しとなってきました。

 

2017年の選抜高校野球大会は、甲子園常連校やプロ注目の選手が多いので、ホント楽しみですね。

 

おそらく今大会に出場する選手の中でも、何人かは、ドラフト会議で指名されるでしょう。

 

その中で、今回は「2017年の春の選抜高校野球大会のプロも注目する逸材の外野手」について、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

注目の外野手とは?

 

それでは、2017年の春の選抜高校野球大会に出場する注目の外野手の選手について、紹介していきたいと思います。

 

①若林 将平 履正社高校 2年生 右投右打 レフト

②福元 悠真 智弁学園高校 2年生 右投右打 ライト

③藤原 恭大 大阪桐蔭高校 1年生 左投左打 センター

④八木田 武洋 熊本工業高校 1年生 右投右打 ライト

⑤丸山 和郁 前橋育英高校 2年生 左投左打 センター

 

他にもたくさん注目していただきたい選手がいるのですが、特に注目してほしい選手、5人を挙げてみました。

 

それでは、個別に紹介していきたいと思います。

 

 

野球のルールについてのこちらの記事がオススメです。

 

野球のルールを知らない初心者に!簡単でわかりやすい説明とは? 

 

①若林 将平 履正社高校 2年生 レフト

(出典:http://www.hb-nippon.com/)

身長180センチ 体重86キロ 右投右打

 

若林将平選手は、2017年のドラフト候補で、プロからも注目されています。

 

若林選手の魅力と言えば、打撃力です。

 

特に注目すべきポイントは、コンパクトなスイングながらも、インパクトの後の押し込みが強いため、打球がものすごく伸びていきます。

 

また、バットが内側から出ているため、逆方向、右中間方向にも強い打球を打つことができます。

 

とにかくスイングスピードが早く、ものすごく打球が速いので、その辺りにも注目して観ていただければと思います。

 

若林選手は、2年生の秋の時点でも、体格が大きかったのですが、2017年の春の選抜大会では、どれだけ成長しているのかも注目ですね。

 

②福元 悠真 智弁学園高校 2年生 ライト

(出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/)

身長178センチ 体重75キロ 右投右打

 

福元悠真選手は、1年生の秋から強豪の智弁学園高校の5番を打ち、2016年の春の選抜大会の全国制覇を達成したときは、4番を任されていました。

 

福元選手も先ほど紹介しました、若林選手と同様に、2017年のドラフト候補で、プロからも注目されています。

 

福元選手の魅力は、長打力と勝負強さです。

 

2年生の秋からは、4番から打順を変更し、1番バッターとして、活躍していますが、数多く打席が回ってくるから、1番を任されているのではないかと思います。

 

福元選手が1番だと、相手ピッチャーに与えるプレッシャーが凄そうですね。

 

また、福元選手が先頭バッターで打つことで、チームに勢いを与える役割もありそうですね。

 

春の選抜大会では、全国制覇した前回大会から成長した福元選手に注目です。

スポンサーリンク

③藤原 恭大 大阪桐蔭高校 1年生 センター

(出典:http://www.hochi.co.jp/)

身長180センチ 体重76キロ 左投左打

 

藤原恭大選手は、1年生の夏から、全国屈指の強豪の大阪桐蔭高校で、レギュラーとして活躍しています。

 

藤原選手は、走攻守の全てで、全国でもトップクラスのプレイをします。

 

打撃面では、積極的にスイングしていき、長打力も秘めています。

 

例えば、2016年の秋の近畿地区大会の龍谷大平安高校戦では、バックスクリーンに、ホームランを放ち、パワーのあるところもみせました。

 

また、足はかなり俊足で、50メートルを5秒8で走るそうです。

 

2017年の春の選抜大会では、走攻守、3拍子揃った藤原選手に注目してください。

 

④八木田 武洋 熊本工業高校 1年生 ライト

(出典:http://www.hb-nippon.com/)

身長170センチ60キロ 右投右打

 

八木田武洋選手は、1年生ながら、秋季大会から4番を任されています。

 

八木田選手は、打撃センスも凄いですが、守備も凄いです。

 

特に物凄いプレイをみせたのは、秋季九州地区大会の準々決勝の佐賀商業高校戦で、3対2で、1点リードしていて、1アウト、ランナー2塁の場面で、ファーストゴロが後ろに逸れて、そのボールを捕球した、ライトの八木田選手は、キャッチャーまで、ダイレクトのストライクを投げ、同点のピンチを阻止しました。

 

実は、八木田選手は、2016年の夏までは、ピッチャーだったそうです。

 

ですから、キャッチャーまでの長い距離をストライクで投げることができたんですね。

 

このように、八木田選手は、打撃も凄いですが、守備も凄いです。

 

ピッチャーの八木田選手も見てみたいので、プロ注目の好投手、山口投手と八木田選手との継投も見たいですね。

 

⑤丸山 和郁 前橋育英高校 2年生  センター

(出典:http://www.hb-nippon.com/)

身長170センチ 体重69キロ 左投左打

 

丸山和郁選手は、2刀流で、ピッチャーとしても、バッターとしても、センスあふれるプレイをしています。

 

2016年の秋季関東地区大会では、センターを守りながら、途中からピッチャーとして、登板するという感じで試合に出場していました。

 

打撃面では、1番の核弾頭として、どちらかと言えば、巧打を武器にしています。

 

また、足の速さは、50メートル、5秒9のスピードで、同時に俊足も武器にしています。

 

ピッチャーとしては、最速143キロにストレートやスライダーを武器に、相手に的を絞らせない投球をします。

 

ちなみに、2016年の秋季関東地区大会は、主に、ロングリリーフで、ほぼ毎試合登板していました。

 

ですので、2017年の選抜大会では、投打にわたる活躍がみられると思いますので、丸山選手に注目していただきたいです。

 

まとめ!

 

このように、2017年の選抜大会の注目の外野手について、紹介してきました。

 

もう一度、注目選手を挙げてみます。

 

①若林 将平 履正社高校 2年生 右投右打 レフト

②福元 悠真 智弁学園高校 2年生 右投右打 ライト

③藤原 恭大 大阪桐蔭高校 1年生 左投左打 センター

④八木田 武洋 熊本工業高校 1年生 右投右打 ライト

⑤丸山 和郁 前橋育英高校 2年生 左投左打 センター

 

このように、注目してほしい5人の選手を挙げてみました。

 

5人とも、将来性のあるスター選手ばかりなので、ドラフト候補として、プロからも注目されています。

 

また、これらの注目選手の特徴を知っていますと、高校野球を楽しんで観戦していただけるのではないかと思います。

 

ですので、春の選抜大会は、ぜひ5人に注目して頂きたいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク