(出典:http://www.chunichi.co.jp/)

中日ドラゴンズの又吉克樹投手は、球界を代表するようなセットアッパーとなりました。

 

又吉投手は、ルーキーイヤーの2014年から2016年まで、3年連続で60試合以上の登板をし、鉄腕ぶりを発揮しています。

 

そこで、今回は「中日ドラゴンズの又吉克樹投手の好成績の要因について、球種や球速や制球力」を徹底的に分析してみたいと思います。

スポンサーリンク

又吉克樹投手とは?

 

まずは、又吉克樹(またよし かつき)投手について、プロフィールを交えまして、紹介していきたいと思います。

 

■身長体重 180センチ74キロ

■利き手 右投右打

■ポジション ピッチャー(投手)

■投球フォーム サイドスロー

■出身高校 西原高校

■出身大学 環太平洋大学

■出身独立リーグ 四国ILplus・香川

■出身地 沖縄県出身

■生年月日 1990年11月4日

■血液型 A型

■ドラフト 2位(2013年)

 

又吉投手は、現在は、セットアッパーとして活躍していますが、実は、西原高校の時には、セカンドを守っていました。

 

そして、その西原高校の時に、コントロールの良さを評価されて、セカンドからピッチャーにコンバートしました。

 

また、現在の投球フォームは、サイドスローですが、ピッチャーを始めたときは、オーバースローだったようです。

 

今思うと、オーバースローの又吉投手を見てみたいですね。

 

そして、その後、投球フォームをサイドスローに変更しました。

 

また、西原高校では、春夏通じて、甲子園への出場はかないませんでした。

 

その後、西原高校を卒業し、環太平洋大学に入学しました。

 

環太平洋大学では、1回生の秋のリーグ戦から登板し始めました。

 

そして、2回生の春のリーグ戦では、主力のピッチャーとして、防御率0.60の大活躍をみせました。

 

また、又吉投手のストレートの最速スピードが、高校時代の138キロだったのが、144キロまでに成長しました。

 

又吉投手の大学通算成績は、リーグ通算41試合、13勝18敗でした。

 

そして、その後、環太平洋大学を卒業し、独立リーグの香川オリーブガイナーズに入団しました。

 

香川オリーブガイナーズでは、1年目から、主力投手として登板し、7勝(2完封)1敗、防御率1.34で、前期優勝に貢献し、前期のMVPに選ばれました。

 

入団1年目の慣れていない前期からの大活躍は、ホント凄いですね。

 

そして、後期も6勝3敗と結果を残し、前後期の通算成績が、13勝となり、最多勝のタイトルを獲得しました。

 

その後、2013年の秋のドラフト会議で、中日ドラゴンズから2位の指名を受けて、入団することになりました。

スポンサーリンク

変化球の球種とは?

(出典:https://matome.naver.jp/)

又吉投手の変化球の球種は、スライダー、シュート、シンカー、チェンジアップです。

 

この中でも特に武器として使っている変化球は、スライダーです。

 

サイドスローの多くのピッチャーが主に武器としているスライダーを又吉投手も武器としています。

 

また、バッターを追い込んでからのシンカーもかなり効果的に使っています。

 

左バッターなら、外に逃げていきますし、右バッターなら、内角に食い込んでくるため、バッターは、そのシンカーに対して、かなり苦労しています。

 

このように、又吉投手は、スライダー、シンカーを中心とした変化球を投げます。

 

球速や制球力とは?

 

又吉投手のストレートの最速は、152キロです。

 

サイドスローからの152キロのストレートは、相当威力があります。

 

そのストレートにかなりの切れがあることから、変化球が、より効果的に活きています。

 

やはりストレートの切れは、ピッチャーの生命線でもあるので、ストレートの切れが又吉投手の好投を支えているのだと思います。

 

 

また、制球力は、まずまず良い方です。

 

過去3年間(2014年~2016年)の平均を分析してみましたら、1試合当たりの四死球が3個以下なので、まずまずコントロールは良いピッチャーだと言えます。

 

このように、又吉投手は、最速152キロのストレートで、まずまずコントロールが良いピッチャーであると言えるでしょう。

 

まとめ!

 

このように、中日ドラゴンズの又吉克樹投手の好成績の要因について、球種や球速や制球力を徹底的に分析してみました。

 

変化球の球種は、スライダー、シュート、シンカー、チェンジアップです。

 

この中でも特に武器として使っている変化球は、スライダーです。

 

また、ストレートの最速は、152キロで、まずまずコントロールが良いピッチャーと言えるでしょう。

 

又吉投手は、2017年からは、先発ピッチャーとしての配置転換をしていますが、今後の活躍にも期待したいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク