(出典:https://sports.yahoo.co.jp/)

トリプルスリーと言えば、ヤクルトスワローズの山田哲人選手がすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

 

記憶に新しいですが、山田哲人選手は、2015年から2016年までのシーズンで、史上初の2年連続トリプルスリーを達成しましたね。

 

そこで、今回は「野球のトリプルスリーについて、意味や達成できるような選手」をわかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

トリプルスリーとは?

 

ここ最近、プロ野球で、トリプルスリーという言葉が飛び交っていますが、トリプルスリーの意味を知らない人もいるのではないでしょうか。

 

トリプルスリーは、野手の成績に関することを言います。

 

それでは、トリプルスリーの意味について、説明したいと思います。

 

トリプルスリーとは、

 

①打率3割以上

②本塁打30本以上

③盗塁数30個以上

 

の3つの全てを満たすことを言います。

 

これらは、1つ1つを記録すること自体が難しいのにも関わらず、その全てを1シーズンで満たさないといけないことから、非常に難しい記録と言えます。

 

それでは、次に「どのような選手が、このようなトリプルスリーの記録を達成することができるのか?」について、簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

トリプルスリーを達成できるような選手とは?

(出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/)

トリプルスリーの記録は、先ほどもお伝えしたように、1つ1つの記録自体のハードルが、相当難しい記録です。

 

それでは、どのような選手が、このハードルの高いトリプルスリーを達成できるのか?

 

それは、

 

①ミート力の相当良い選手

②パワーのある選手

③俊足の選手

 

これら3つの全てを満たしているような選手でないと、このトリプルスリーを達成することはできないでしょう。

 

まず、打率3割を達成すること自体が、相当難しいと言えます。

 

しかも、その打率3割を達成しながらも、ホームラン数は、30本以上を打たないといけないので、その時点で、満たすことができるような選手は、限られてきます。

 

その打率3割、30本を達成できる選手の多くは、チームで3番バッターを任されているような、

 

「ミート力の高い、パワーのある選手」でないと、達成できません。

 

そうなってきますと、体格の大きい選手にある程度絞られてきます。

 

そのような選手で、さらに盗塁数が30個以上を記録できないといけません。

 

そうなってきますと、3つの全てを達成できるような選手は、限られてきます。

 

ですので、トリプルスリーを達成することが難しいと言われています。

 

実際に、今現状のプロ野球界でも、このトリプルスリーを達成できるような選手は、ホント限られています。

 

このように、トリプルスリーを達成できるような総合力の高い、ポテンシャルの高い選手は、

 

「ミート力が高く、パワーがあり、俊足の選手」に限られてきます。

 

そういう意味からも、非常にハードルの高い、相当偉大な記録と言えるでしょう。

 

まとめ!

 

このように、トリプルスリーについて、意味や達成できるような選手を解説してきました。

 

今回の説明により、トリプルスリーの意味や達成することの難しさについて、少しは理解していただけたのではないでしょうか。

 

トリプルスリーとは、

 

①打率3割以上

②本塁打30本以上

③盗塁数30個以上

 

の3つの全てを満たすことを言います。

 

また、このトリプルスリーを達成できるような選手は、

 

①ミート力の相当良い選手

②パワーのある選手

③俊足の選手

 

これら3つの全てを満たしているような選手でないと、このトリプルスリーを達成することはできないでしょう。

 

そう考えると、トリプルスリーを達成することが、いかに難しい記録なのかわかりますね。

 

ただ、現状のプロ野球界の野球レベルが、格段に上がってきていることから、これから先、トリプルスリーを達成するような選手が増えていくのではないかと思います。

 

ですので、今後のプロ野球界の発展にも、総合力の高い選手がたくさん出てくることを願っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク