(出典:http://ameblo.jp/check2538/)

いよいよ2017年の3月に、第四回WBCが開催されます。

 

過去のWBCでは、日本は第一回、第二回と連覇を成し遂げましたが、気になるのが、日本の世界ランクではないでしょうか。

 

また、対戦相手となる他のチームの現状の世界ランキングも気になるところでしょう。

 

そこで、今回は「日本を含めた最新の世界ランキング」などについて、お伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

最新の世界ランキングは?

(出典:http://www.japan-baseball.jp/)

それでは、最新(2016年8月25日発表)の世界ランキングを24位まで、お伝えします。

 

1位 日本       5515

2位 アメリカ     5453

3位 韓国(↑1)    4812

4位 台湾(↓1)    4554

5位 キューバ     3813

6位 カナダ(↑2)   2659

7位 ベネズエラ(↓1) 2642

8位 メキシコ(↓1)  2637

9位 イタリア     2173

10位 オランダ     2146

11位 プエルトリコ   1759

12位 ドミニカ     1559

13位 オーストラリア  1555

14位 チェコ(↑2)  1254

15位 パナマ(↑2)  1096

16位 ブラジル(↓2) 1002

17位 コロンビア(↑3)905

18位 ニカラグア(↓3)881

19位 中国(↓1)   762

20位 ドイツ(↓1)  587

21位 スペイン     519

22位 ロシア(↑3)  351

23位 パキスタン    350

24位 フランス(↑2) 313

 

世界ランキングの1位は、今回も日本が守りました。

 

ちなみに、日本は、2014年の11月から、1位をずっとキープし続けています。

 

そこで、気になるのが、この世界ランキングは、どのようにして決まるのかということでしょう。

 

それでは続きまして、このようなポイントの算出方法について、説明したいと思います。

スポンサーリンク

世界ランキングの決め方とは?

(出典:http://number.bunshun.jp/)

この世界ランキングを見てみると、1位が日本ですが、3位に韓国、4位に台湾と、アジア勢が上位を占めています。

 

かつては、世界ランキングの1位をキューバが独占していました。

 

しかし、2年前くらいから日本が1位を維持し続けています。

 

それでは、このポイントの算出方法ですが、

 

トップチームでの結果だけでなく、各世代のポイントが加算され、その合計ポイントが多い順にランキングが決まります。

 

具体的な世代は、トップチームの他、社会人、大学、U21、U18、U15、U12などの各世代で争うことになります。

 

ですから、トップチームで国際試合がない場合であっても、各世代で優勝や上位に入れば、ポイントが加算されるので、日本が世界ランキングの1位にいるのです。

 

また、ポイントの集計期間ですが、直近4年間の成績を基に、ランキングが決まります。

 

さらに細かいルールですが、国際試合については、対戦相手の前年度のランキングによって、勝ったときに加算されるポイントが変動します。

 

ですので、ランキングの上位の国に国際試合で勝てば、ポイントも大きく加算され、世界ランキングも上位に入りやすいということです。

 

また、ポイントは、各大会で、

 

優勝すれば、50点

準優勝で、40点

3位で、30点

 

が付与され、大会の規模によっても、ある一定の係数を乗じて、算出します。

 

ですから、例えば、WBCのような大きな国際大会で優勝すれば、付与されるポイントも大きいことがわかります。

 

ですので、日本が2大会ぶりの優勝をして、世界ランキングも1位をキープし続けてほしいですね。

 

まとめ!

 

このように、最新の世界ランキングや世界ランキングの算出方法などをお伝えしてきました。

 

日本は、2014年から約2年、世界ランキングの1位を維持しています。

 

また、WBSCの世界ランキングの算出方法は、

 

直近4年間の各世代の成績をもとに、算出されます。

 

日本は、世界ランキングが1位ということは、

 

トップチームだけでなく、各世代のレベルも高いことが、このランキングからもわかりますね。

 

もう少しで開催されます、2017年3月の第4回のWBCで、日本は2大会ぶりの優勝を奪還して、世界ランキングも1位をキープし続けてほしいですね。

 

WBCの優勝に期待しましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク